仕事や家事など日常生活の中で徐々に骨盤に歪みが生じてしまい、身体に大きな変化を与えてしまいます。
もし骨盤の歪みを自覚し始めたら次第に歪みが出てきますので、早目に骨盤矯正を受けましょう。

 

皆さんの中には腹筋を毎日鍛えている方もいらっしゃるかと思いますが、その腹筋が弱まってしまうことで、骨盤が徐々に開いてきてしまいます。
腹式呼吸で普段の生活をしたり、また腹筋をなるべく使用した生活を心掛けましょう。
いつもの生活で歪んでしまってきている骨盤は、ライフスタイルを変化させることで必然的に改善させていくことができます。
普段の生活の中で骨盤矯正に効果がある動作を繰り返すことで、ちょっとづつ骨盤を改善していくことができるでしょう。



<美容知識>骨盤の歪みを自覚したら早目に改善ブログ:20200916

一週間ほど前、仲間とバリ島に行ってきました。

エスニック料理大好きなわしと仲間は、
もちろん6時からバリの味を楽しもうと、
6時の7時にはホテルのバイキングにまっしぐら!

数種類のパンが並んでいるけど、
やっぱりまずはナシゴレン(タイ風チャーハン)、
ミーゴレン(タイ風焼きそば)。
牛肉と野菜の煮物で1皿目。

野菜たっぷりのオムレツは
ピリッと辛いチリソースをかけて…

生野菜はピーラーで切ったような薄さで、キュウリも大きいですね。
そしてくだものは
大好きなスイカ、メロン、マンゴー、パイナップルに
イチゴ味のヨーグルトをかけて…

デザートは、パイナップルジャムをつけたパンケーキと
マカデミアナッツ入りのくだものケーキ。
オレンジジュースとジャワティーを飲んで…

ちょっと食べすぎかな?

でもこれから一日思う存分楽しむには
エネルギー補給が大事ですもんね!
それにビタミンCたっぷりだから、許して下さい…

ところで、
実際にバリの人は何を食べているのかというと…

一般の家庭では、
6時に主婦が料理をして、
それを11時と夕に分けて食べるんだそうです。

6時は軽くチョットとつまむだけ、
またはバリコーヒーやジャワティーを飲んで、
簡単なお菓子を食べるだけのようです。

お菓子はモチ米やバナナ、イモ類などを使ったもので、
結構ウエストにたまるとのこと。

家では6時作った料理を、
それぞれがウエストがすいた時間に食べるのが習慣だそうです。
だから11時も23時も同じ料理を食べているんですね。

国によって、食習慣はこんなにも違うもんなんですね。